日本で日本人らしく暮らす


by juntojapan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

邦画鑑賞日和

日本でテレビをほとんど見ませんが、フィリピンではケーブルテレビが見れるのでたまに見ます。

 朝はタガログ語のニュース
 夜はHBOかディスカバリーチャンネル

どちらも日本語でないせいか、日本に帰ってきたら急に日本の映画が恋しくなりました。




レンタルビデオ屋さんに行きました。
なぜだか、この場所がとても落ち着きます。


        タイトルを眺め、ケースを眺め、ストーリーを読んで… 

        見たいものが見つかるまで繰り返します。




【今回選んだ作品】

d0115393_1438949.jpg闇の子供たち

タイを舞台に幼児売春や臓器密売に人身売買という知られざる闇に子どもたちを救おうとする新聞記者(江口洋介)、NGOの女性職員(宮崎あおい)、フリーカメラマンの青年(妻夫木聡)の3人の日本人の姿を通じて最終的に"はね返ってくる"展開に目が離せない。梁石日の同名小説を阪本順治監督が映画化した衝撃の問題作。

宮崎さんのオーバーな演技が少し気になりますが、内容はとても興味深く、最後の秘密に驚かされます。


d0115393_14391351.jpgおくりびと

アカデミー賞受賞作品
リストラを機に帰郷した、チェロ奏者の大悟。高給と短い労働時間にひかれ、求人に応募した彼だが、その内容は棺へ遺体を入れる納棺師という仕事だった。戸惑いながらも大悟は、さまざまな境遇の遺体と対面していくことに。

ベテランの役者ばかりなので安心して映画に没頭できました。
死者を労わる気持ちがこんなにも安らぎを与えることができるなんて、素晴らしい映画だと思います。


d0115393_14465016.jpgイキガミ
 
国家繁栄維持法の施行により、1000人に1人の確率で選ばれた若者に、あと24時間の死の宣告を下す死亡予告証“イキガミ”が渡される社会。公務員の藤本は、ミュージシャン志望の田辺、盲目の妹を支える飯塚らにイキガミを届けていく。

3人目のイキガミ受領者は涙なしでは見られない。
死亡1時間前になって初めて本当に大切なものに気が付く。
毎日を後悔なく生きることの大切さに、この映画を通して気が付けたら ヨシ!

          
d0115393_14463187.jpg豚がいた教室

6年2組の担任教師・星は、クラス全員で子ブタを育てて、その肉を食べようと生徒たちに提案する。驚く生徒たちだが、そこには彼らに“食と命”について真摯に対峙してもらいたいという星の考えがあった。

「食べ物の命」についてはまだまだ甘い部分があるが、食べ物を粗末にし過ぎている日本の子供たちが、少しでもその大切さに気が付けたら ヨシ!


d0115393_14365026.jpg明日の記憶

突然若年性アルツハイマーに襲われた、仕事も家庭も順風満帆な主人公が、家族と共に病に立ち向かう姿を描く。

夫側・妻側の両方の気持ちが分かる映画。
家族が病気になったら・・・ そんなことを考えさせられる映画


d0115393_14461234.jpg接吻

孤独なヒロイン遠藤京子(小池栄子)が、無差別殺人の凶悪犯坂口秋生(豊川悦司)に自分と同じ孤独を見いだし、狂気とも受け取れる恋心をエスカレートさせていくさまを緊張感溢れるタッチで描いた異色ドラマ。

個人的に出ている俳優が好みの映画
豊川悦司いいな~。 仲村トオルもいいな~。 小池栄子うまいな~。




                      あなたならどれを見ますか?
[PR]
by juntojapan | 2009-05-04 14:28

ハイテクな日本

次回のフィリピンについてのミーティングの後、事務所のスタッフと一緒に食事へ行きました。

スゴイ! スゴイですっ! 日本の居酒屋!


注文する時はメニューの横にあるバーコードみたいなのを ピッ! だけ
d0115393_1524027.jpg

d0115393_15243784.jpg


他の居酒屋では小型の液晶画面でメニューを選んで ピッ! でした。



                        店員要らずですな!
[PR]
by juntojapan | 2009-04-27 16:37 | 食べ物